« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

Martin

martin16.jpg

ついに買っちゃった。OOOC16 GTE Premium。
小さいマーチンに憧れて、大枚はたいて(大枚ないけど)買っちゃった。
ルンルン♪
ライブにレコーディングに活躍する事でしょう。
それにしても、いい音♫

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヌスラット

nusrat.jpg

自分の立ち位置がブレそうになった時、集中力を絶やさないようにしたい時。
いつも彼らの歌が起爆剤となる。
ヌスラットの歌のテーマはアラーを称えること。
「イスラムのゴスペル」とは中村とうようさんの言われた言葉。

ヌスラットとバックヴォーカルの歌。ハーモニウムとタブラ、そして手拍子だけの音楽。
しかし、実にメロディアスにアラーへの崇拝が歌われるのだ。
アドリブの応酬も。
僕自身はアラーにはなんの縁もないけれど、その凄まじいパワーには圧倒させられる。
ジャケットは1988年パリのコンサートのライブ盤。
1曲約20分のトリップを今はCDでしか味わう事は出来なくなったけれど、
それでも、充分"情熱"の瞬間を体験出来る。
94年に来日公演を行った際、東京まで"それ"だけの為に行ったのを思い出すなぁ。

続きを読む "ヌスラット"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

満員御礼。

soviet.jpg

ひっさびさのライブはたくさんの人に見にきてもらって、
大成功でした!
次回は8月の予定。う〜〜ん。早くやりたいなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

GRAMMY 2006 Nominees

B000CNCBDO.01.MZZZZZZZ.jpg

恒例のグラミー賞ノミネート曲コンピ。
結構好きだったりする。
昔ほど熱心に洋楽を聴かなくなったのでここで出会うアーティストも居たり。
今年の最大の特徴は「元気なおやじ」が席巻したこと。
何処までが「元気なおやじ」なのかは論議の対象になるかもしれないけれど。
元気なのか、そうでないのか?端から見ているだけじゃわかんないところも
あるけれど、取り敢えず音楽は「元気」。
おやじなのか、そうでないのかは年齢から考えなくてはイケナイ。
何歳からおやじなのか、30代はおやじなのか?40代からなのか?
それとも50代からなのか?
個人的には一番最後を推薦したいところだ。

ポールにストーンズ、スプリングスティーンおまけにニール・ヤング。
あれ、スティービー・ワンダーまで。U2も居る。
(あ、俺Bonoと同い年だった・・・σ(^_^;))
でも、一番ウレシいのはJack Johnsonだったりして・・・・。(因に30歳。ま、いいか)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »