« 満員御礼。 | トップページ | Martin »

ヌスラット

nusrat.jpg

自分の立ち位置がブレそうになった時、集中力を絶やさないようにしたい時。
いつも彼らの歌が起爆剤となる。
ヌスラットの歌のテーマはアラーを称えること。
「イスラムのゴスペル」とは中村とうようさんの言われた言葉。

ヌスラットとバックヴォーカルの歌。ハーモニウムとタブラ、そして手拍子だけの音楽。
しかし、実にメロディアスにアラーへの崇拝が歌われるのだ。
アドリブの応酬も。
僕自身はアラーにはなんの縁もないけれど、その凄まじいパワーには圧倒させられる。
ジャケットは1988年パリのコンサートのライブ盤。
1曲約20分のトリップを今はCDでしか味わう事は出来なくなったけれど、
それでも、充分"情熱"の瞬間を体験出来る。
94年に来日公演を行った際、東京まで"それ"だけの為に行ったのを思い出すなぁ。

東京公演で見たものは、巨体を揺すぶってステージ脇から(両脇を抱えられて)
出てきた御大。
曲の音階に合わせて舞う両手のしなやかな動き。
激しいバトルに1曲20分という長さを全く感じなかった。

客電がついた会場で中村とうようさんと藤原ヒロシ氏を間近で見かけたのだった。

|

« 満員御礼。 | トップページ | Martin »

無人島レコード(或いはCD若しくは音源)」カテゴリの記事

コメント

素晴しそうです!!
abeabeさんは僕の知らないものいっぱい知っているなあ~今度聞かせて下さいね。僕こういう人間業な音楽が大好きなんですよ

投稿: きたあむら | 2006年2月22日 (水) 00時38分

凄い音楽よ。
人間業ってのは通り越しているかもしれませんね。

投稿: abeabe | 2006年2月25日 (土) 18時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヌスラット:

« 満員御礼。 | トップページ | Martin »