« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

青春の歌

この人達って、特にお兄ちゃんは全然歳取らない。
前に見たのが実に27年前。
東京の郵便貯金ホールでした。
で、今日自分の良く出させてもらってるライブハウスでのライブ。
なんか、感慨深いものがありました。
28年前に買ったLPレコードにサインもしてくれて、握手まで。
実に「良い」人達・・兄弟でした。

BbLATE LATE SUMMER


んで、今年出たニューアルバム。


51bfaagxzpl_ss500_海岸へおいでよ/ブレッド&バター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

期待の新譜

土岐さん、AVEXに移籍してたんですねぇ。
メジャー・デビューアルバムだって。
期待してました。
で・・・・大人しい。普通に時間の流れて行くアルバムだ。
でも一曲toeが参加した「TALK SHOW」がクールで非常にかっこ良かった。
売れて欲しいです。


51ppit6ehl_ss500_土岐麻子/TALKIN'

そうだ。若い頃好きだった「青空のかけら」のカバーが入っていて、
嬉しかったり・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毎度おなじみ

この季節の恒例になりました。
第24回「明朝そばと落語の会」無事終了しました。
再開後4回を数えますが、マンネリ化を避けるべく新たな試みも加え、
ますますパワーアップして行われました。


Imgp0253藪半ウェブサイト

片付けがすべて終わり、会計も終わり、
全員で「乾杯」するときの
達成感は何ものにも代え難い喜びです。
やってて良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

売れてるんだぁ。

Hotel Californiaは好きなアルバムだった。
でも、同時期に出たジャクソン・ブラウンのPretenderの方が好きだった。
ヴォーカルはもちろんローウェル・ジョージやジョン・ホールの職人的なバックアップが大好きだった。
ドン・ヘンリーの声が重たすぎた。次のLong Runはもっと重たくなっちゃった。
だから今でもグレン・フライの歌う「New Kid In Town」が一番好きだ。
もちろんギター小僧としてはタイトル曲のギターのリフはコピーしまくったけど。

んで、今回の28年ぶりのニューアルバムだ。
メチャメチャ売れてるらしい。
聞きました・・・・・んんんん。
曲が平凡すぎてぐっと来ないんだよなぁ。
ドン・フェルダーの粘っこいギターがなくなっちゃったからなのかな?


51exkiqgmfl_ss500_

クレジットを見てたら、カバーが結構入ってる事に気がついた。
あれ。ラリー・ジョン・マクナリーの曲やってる。へぇへぇへぇ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »