« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

収穫

GWに種を植えて以来、遂にこの日を迎えました。
そう。ゴーヤの収穫です。
ちょい黄色くなっちゃいました。でも大丈夫。


Gohya

そんでもって、ゴーヤチャンプルー作ってみました。

Champloo


美味しゅうございました。
残った種は乾燥させて、また来年。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガガガガ

辛いぞ!

Detoritmetalcurryデトロイト・メタル・カレー


| | コメント (2) | トラックバック (0)

比較

向かって左は「わしたショップ」で買って来た沖縄産。
大きさは良い勝負の様な気もするけど、色が全然違います。
我が家のゴーヤも葉が黄色になって、そろそろシーズン終了。
収穫まであと僅か。
実が全部で6個あります。
8月中に全部大きくなれるのかな?がんばれ〜〜、ちばりよー。

沖縄産のゴーヤはこの後ゴーヤチャンプルーになりました。
美味しかった。

Goya


| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんな事に・・・

なっちゃいました。ってか、買っちゃいました。よ。

世間では散々言われてるようだけど、使ってみないとわからない。

きっかけは、こちらのの社長に言われた一言。

「阿部さんがなんで持たないのかわからない・・・」と。

そうか!それなら持っちゃおう。

意気込んでソフトバンクショップへ電話。在庫あり。白。16G。

1日かけて設定、同期、で使える様になったとさ。

で使ってみました。
言われてる様に確かにこれ、携帯電話じゃありません。
携帯端末に電話がおまけでついてる。
そう認識を改めなくちゃ使えませんね。
基本的に私はMacユーザーなのでかなり使い易いはず・・・だった・・・・・・・。


が、ここでけなしても面白くないので、良い点を考えようと思う。

まぁ、なんてポジティブ。
画面が美しい。
愛犬の写真もかなり綺麗に見れる。

カメラは非常にシンプルで簡単に撮れる。つまり凝った写真は撮れない。

AppStoreで気に入ったソフトをダウンロード出来る。種類は少ない。

iPodで音楽を聴きながらメールを打てる。日本語変換をすると曲が止まる。

メールアドレスは複数使える。受信がどのタイミングでされるのかよくわからない。

メールに限らずコピー&ペーストは一切出来ないし、辞書もない。

Safariでのページの読み込みが極端に遅い。Flashは表示出来ない。。。。。
あれあれ、褒めるつもりが・・・・。
いやいや、なんとか慣れる様に頑張りますよ。
でも、頑張るものなのかな~~???

コピペの機能くらいつけてくれよ!!!お願い!


Imgp0446_12

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ライブやり〼

ABO初のワンマンライブをやる事になりました。
9月21日(日)午後6時開場、午後7時開演。
場所は小樽市花園の「ニューポート」。
1ドリンク付き1000円。

今まで3回ライブをやりましたが、対バンなしは初めてだなぁ。
曲も沢山増やしたんで、必死で練習しております。
指が痛いの〜〜〜(笑)

なんとスペシャル・ゲストもお迎えします。
BASSはルイス松橋さん。VOCALに倉田一宏。

今から緊張していますが、精一杯頑張ろうと思ってます。
来てね〜〜。


AboABOデビューライブ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気がつけば

「なまらあず(づ)ましい」を始めたのが2005年7月。
最初はJT(James Taylor)の記事でしたね。
それから3年余。途中サーバーの引越などもあり、
全然更新しない時期もあったりしましたが、
アクセス数が10000を超えました!非常に嬉しい。
これからも気まぐれですが書いていきたいと思っちょります。
よろしくおねがいしまーす。

B00007it8s01_sclzzzzzzz_Best Of J.T.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続々、その後のゴーヤ

感無量。

ちゃんとゴーヤだよぉ。

Goya

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お見事!

廻る命/古謝美佐子(DISC MILK DM008)

小春南の白幡さんのご好意で一般発売前の特別版を分けていただいた。
前作「天架ける橋」から8年。待望のソロ第2弾。
前作同様ご主人の佐原一哉さんプロデュースによる自主制作盤だ。
完全に二人三脚で制作された素晴らしい音楽が沢山詰まってる。
前作の「童神」のような超キラーチューンはないものの、
沖縄民謡だけでなくオリジナルの新曲、
アイルランドのトラディショナル、果ては「アメイジング・グレイス」
まで、細かいところまで実に丁寧に考えられて作り込まれている。
沖縄音楽の基幹である三線を中心に、打込みやバンドも含み
弦楽四重奏もかなり効果的に使われてる。

佐原さん、命を賭けてこれ作ってるんだろうな。

去年偶然お話ししたときには、凄く温かい人って印象が強い。
民謡のようなコードの存在しない音楽に西洋音階のコードを付ける作業は
実にセンスの試される作業であるしとかく不自然になりがちだけど、
佐原さんのセンスと音楽的懐の広さにはいつも感心しちゃう。

全12曲。ライナーノーツももの凄く気合いが入ってる。
お見事な8年ぶりのアルバムでした。
何回も聴いちゃうんだろうなぁ。

追記。
よなは徹のヴォーカルが突然出てくる「赤山」もほんと良かったんだけど、
なにより時間差ご本人デュエット
(11歳の時の音源に今のヴォーカルを重ねてる。しかも同じキーで!)
第2弾の「国頭サバクイ」が一番嬉しかった。
なんたって、元になったシングルを持ってたのだ!何故だ?内緒だ(笑)。

↓並べてみました。


Kojamisako古謝美佐子

| | コメント (0) | トラックバック (2)

旨いぞ

しばらく前から気になってた店に行ってみたのだ。

北海道札幌市中央区北一条東2-5-12 ビーンズコート 1F 「ひげ男爵」

スープカレー久々の新店(自分にとっての)。シンプルでスパイシーで結構うまい。

因みにワインは置いてない。

駐車場もあるし、何より値段がお手ごろでヴォリュームも多いのである。

ワタクシは黙ってランチ以外でも100円引きになるのであるよ。嬉しい。

また行っちゃおう。

因みに↓は「豆男爵(豆スペシャル、納豆入り)」。一口食べてから撮ってしまった。。。

Nec_0015_2 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »