« 旨いぞ | トップページ | 続々、その後のゴーヤ »

お見事!

廻る命/古謝美佐子(DISC MILK DM008)

小春南の白幡さんのご好意で一般発売前の特別版を分けていただいた。
前作「天架ける橋」から8年。待望のソロ第2弾。
前作同様ご主人の佐原一哉さんプロデュースによる自主制作盤だ。
完全に二人三脚で制作された素晴らしい音楽が沢山詰まってる。
前作の「童神」のような超キラーチューンはないものの、
沖縄民謡だけでなくオリジナルの新曲、
アイルランドのトラディショナル、果ては「アメイジング・グレイス」
まで、細かいところまで実に丁寧に考えられて作り込まれている。
沖縄音楽の基幹である三線を中心に、打込みやバンドも含み
弦楽四重奏もかなり効果的に使われてる。

佐原さん、命を賭けてこれ作ってるんだろうな。

去年偶然お話ししたときには、凄く温かい人って印象が強い。
民謡のようなコードの存在しない音楽に西洋音階のコードを付ける作業は
実にセンスの試される作業であるしとかく不自然になりがちだけど、
佐原さんのセンスと音楽的懐の広さにはいつも感心しちゃう。

全12曲。ライナーノーツももの凄く気合いが入ってる。
お見事な8年ぶりのアルバムでした。
何回も聴いちゃうんだろうなぁ。

追記。
よなは徹のヴォーカルが突然出てくる「赤山」もほんと良かったんだけど、
なにより時間差ご本人デュエット
(11歳の時の音源に今のヴォーカルを重ねてる。しかも同じキーで!)
第2弾の「国頭サバクイ」が一番嬉しかった。
なんたって、元になったシングルを持ってたのだ!何故だ?内緒だ(笑)。

↓並べてみました。


Kojamisako古謝美佐子

|

« 旨いぞ | トップページ | 続々、その後のゴーヤ »

しんがーそんぐらいた」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お見事!:

» リスクヘッジ [リスクヘッジ]
リスクヘッジ [続きを読む]

受信: 2008年8月 2日 (土) 21時34分

» ホーチミン株式市場 [ホーチミン株式市場]
ホーチミン株式市場 [続きを読む]

受信: 2008年8月 2日 (土) 23時19分

« 旨いぞ | トップページ | 続々、その後のゴーヤ »