« あんれまぁ。 | トップページ | 音座なまらいぶ終了! »

宮古島のSting

下地勇と言っても一般には無名なのかな?
しかし沖縄、さらには宮古島ではかなりの知名度を誇る。
全編(例外もあり)宮古島の方言「ミャークフツ」で歌われるその歌は
哀愁たっぷり、時としてStingのソロの初期の頃を彷彿とさせる。
ただし、歌ってる意味は歌詞カードそれも対訳(!)を読まなければ
100%わかんない。
フランス語にも似たその響きは、優雅でもあり懐かしくもあり。
最新アルバムは今年の始めに出た「3%」。
その中でも6曲目に入ってる「イヌツ」という曲は最高なのだ。
7月には新良幸人とのコラボで「Sakishima Meeting」っつうミニアルバムも出した。
これもぐっとくる名作だと思う。


Photo_shimoji

"タンディガタンディ"って実はミャークフツでありがとう、の意味ナノです。

|

« あんれまぁ。 | トップページ | 音座なまらいぶ終了! »

しんがーそんぐらいた」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宮古島のSting:

« あんれまぁ。 | トップページ | 音座なまらいぶ終了! »