« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

あれから

今日で43年。
武道館もすっかりコンサートホール。
当時私は幼稚園児。テレビで中継やってたのはうっすらと覚えてるなぁ。
今思えばちゃっと見ておけば良かった。。。。覚えちゃいないだろうけど。


0629_beatles

今年9月にはリマスター版が発売。
楽しみだぁ。ボックスセット買うんだもん!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

慰霊の日

今日は慰霊の日。
某首相も糸満に行ったようで、全国的に沖縄戦の追悼式の雰囲気。
このアルバムの2曲目。「レクイエム」
重たい曲です。しかし、良い曲だわ。
元東京エスムジカの名ヴォーカリスト。


51yceokkp5l_ss500_shell works/rica tomorl


| | コメント (0) | トラックバック (0)

チック・コリア

昨年Return To Foreverが再結成したりして、何かと話題のChick Corea。
ずっと思ってたのは、やたら手数が多くて中身の無いピアニスト(すんごく失礼)。。。
でにSpainは名曲だなぁ〜〜。才能が余っちゃってるかもね。
そもそも、Return To Foreverなんて手数が多い楽器屋が4人集まったバンドでしょ。
Chick Corea、Stanley Clarke、Al Di Meola、Lenny White。
アルバム1枚通して聞いたらどっと疲れちゃう。これでもか〜〜ってな感じで。
まぁ、でも、好きですけど。
昨年の再結成ライブCDもあり。
ジジイになったから、少しは大人しくなったかと思ったら、
全然変わってなくて、むしろさらに手数が多くなっちゃって・・・。
でも、好きですけど。

そんな、Chick先生が1978年に出したジャズアプローチのアルバムがこれ。「Friends」。
輸入盤屋で1,000円でした。新品。
これは、珍しく和めます。
Steve GaddとEddie Gomezコンビのもっちゃりしたリズムがバックだからかな。
この二人の相性って、どうなんでしょ。
20歳の時に六本木ピットインでこのコンビが参加した「Steps」を目の前で見たけど、
やっぱりもっちゃりしてた。Gadd先生のプレイは嫌いじゃないけど、どうして
Gomezと一緒だとこんなになっちゃうのかな?
(やたら今は亡きM.Breckerの音に感動した覚えがあります)
Gadd先生のプレイを最初に聞いたのはSteely DanのAjaだったか、
Paul Simonの50Ways to leave your loversだったか。
何れにしても変態プレイ。
生Gaddは三回。Steps、渡辺貞雄、クラプトンかな。
一時期、80年前後はGadd参加アルバムは殆ど聞いたかも。

Chick Coreaの話を書くつもりが脱線状態っす。
でも、好きですけど。和めるし。

Chic_corea_friends


| | コメント (0) | トラックバック (0)

温度差

追加経済対策とか言って、特に税法の改正を急いでるみたいだけど、
どうにも政府と税務当局の温度差は否めないなぁ。
欠損金の繰戻し還付にしろ、本当の効果は早急に還付する方が
あると思うんだけど、当局は「調査無しには還付しない」
本音は返したくないってのが明白。

経済の回復を税務署が足引っ張ってどうすんだよ〜〜。
とか、思ったりして・・・。
独り言でした。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

痛ててててて。

朝ジョギングして、望洋東公園にさしかかった時に・・・・
突然「ブーン」の音が耳元に。
やられました。コメカミ思い切り刺されちゃいました。
痛い。ホントに痛いっす。
水で洗い流し、ステロイド軟膏を塗って応急処置。
マバタキする度に痛いのよ〜〜。
以前にも刺された事があるから、こんなの読むと妙に不安になるぞ。


Cut

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜店の男

小川美潮という歌手を知ってかれこれ30年近くになる。

40f731e29fa0dccd5fb77110l_24 to 3/小川美潮

1991年にリリースされた「4 to 3」というアルバムは20年近く経った今でも
決して古くならない傑作だと今でも思う。
全10曲。ポップで、アヴァンギャルドで、鼻歌歌えそうな曲ばかりなんだけど
良く聞くととんでもない凝ったアレンジばかりなのだよ。
転調をしない曲はほとんどないし、変拍子、5/4で全編通す曲も。
数える指が足りない(笑)

「夜店の男」はその3曲目に流れ出す。
お祭りの夜の雑踏と白熱球のあかりと楽しいけど切ない風景。
そんなお祭りが終わった後の妙に寂しい風景。
子供の頃に見たそんな風景が浮かんでくる曲なのさ。
風景が浮かぶ曲はそれだけで価値があると思うとです。

板倉文という天才を中心にして、素晴らしいミュージシャンがバックを固めていて、
特に青山純のドラムは凄い!すんごい事をさりげなくやってる。
山下達郎のバックで有名な人だけど、まるで別人。

小川美潮って人の声は、とんでもなく正確なピッチ、音域も広い、
でも、その反面すっとぼけた音外しも出来る凄い「うた」歌いなのだ。

昨年「4 to 3」と90%同じミュージシャンで作ったアルバムも出た。
そこには20年前、んにゃ、30年前と何にも変わらない、でも
進歩を続けてる人が居たのだ。
ジャケットは凄いけど・・・(笑)


Uch_h1ウズマキマズウ/宇宙人

この方を知らなかったら、ウチの娘の名前は違ってました(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »